脊柱管狭窄症でお悩みの方|名古屋市西区はづき接骨院
長い時間・長い距離を歩けるように
はづき接骨院
脊柱管狭窄症の事なら名古屋市西区のはづき接骨院

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは脊髄神経が通る「脊柱管」の一部が通常よりも狭くなり、神経もしくは神経とともに走行する血管が圧迫されることから生じる状態です。

加齢に伴う変化として発症することが多く、長く歩けない。少し休むと歩けるようになる(間欠性跛行)、前かがみになると少し楽になるという特徴があります。

 

脊柱管狭窄症の多くは加齢により起こり、クッションの役割をしている椎間板が弾力性を失い、後部へ飛び出すように変性していきます。

 

結果、背骨は不安定な状態になり、過剰なストレスを受けた靭帯は厚くなっていき、脊柱管狭窄症へと進んでいきます。

 

また、脊柱管狭窄症の発症は、日常生活で腰への負担がかかりやすい姿勢や動作を繰り返す事により誘発されます。

 

交通事故や骨粗しょう症、喫煙、圧迫骨折後に脊柱管狭窄症を発症することがあります。

 

 

はづき接骨院が選ばれる理由
Check!
脊柱管狭窄症の事なら名古屋市西区のはづき接骨院
・腰が痛い
・おしりや足がしびれる
・脊柱管狭窄症と診断された
・病院で手術が必要と言われた
・長い時間歩けない
・長い距離を歩けなくなった
・前かがみになると多少楽になる
原因

加齢による変化

脊柱管狭窄症の多くは、椎体と椎体の間にあるクッションの役割をしている椎間板が加齢により弾力性を失い後方へ飛び出すように変性していきます。

椎間板が本来の役割を果たせなることで、背骨に不安定性が生まれます。

周りを支えている靭帯が過剰なストレスを受け、分厚くなることで脊柱管が狭くなり、脊柱管狭窄症の症状が出てきます。

症状

特徴的な間欠性跛行

神経が圧迫されるタイプにより症状が異なりますが、馬尾神経が圧迫される場合の脊柱管狭窄症は『間欠性跛行』と呼ばれる症状が代表的です。

間欠性跛行とは一定の距離を歩くと足にしびれや痛みで歩けなくなり、少し休んだり、前かがみの姿勢をとると再び歩けるようになる症状です。

脊柱管狭窄症の症状が進行するほど、歩ける間隔も短くなります。

治療

的確かつ効率的に

脊柱管狭窄症の治療は保存的療法が中心となります。

・消炎鎮痛

・薬物療法

・神経ブロック

 

当院では脊柱管狭窄症の症状の把握から、腰に負担がかかっている原因を明確にし、腰周囲や股関節、背部筋などの筋緊張の緩和、姿勢や日最新医療機器による物理療法、常生活動作のアドバイスをもとに、脊柱管狭窄症の症状を緩和させていただきます。

また歩けるように、旅行や遠出もしたいという患者様のご希望やお役に立てれるよう日々心掛けております。

脊柱管狭窄症の事なら名古屋市西区のはづき接骨院
052-908-3334 052-908-3334
火曜~土曜9:00~12:00/15:00~20:00
日曜・月曜10:00~16:00(予約制)
Access

名古屋市西区で接骨院をお探しの方に向けて詳しいアクセス情報を掲載しております

概要

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)
定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも営業しておりますので、安心してご来院ください。
特徴

様々な症状に幅広く対応可能

脊柱管狭窄症でお困りの方も多数来院中

はづき接骨院では各種健康保険取り扱っており、労災保険、交通事故による自賠責保険も対応可能です。

ぎっくり腰や寝違えなどの日常生活でのお怪我や、部活動、スポーツ中のお怪我などは当院へお任せください!

施術時間が選べる自費診療も行っていますので、肩こり五十肩などでお困りの方も是非当院へご相談ください!

交通事故治療は窓口負担0円で通院可能です!

火曜日から土曜日は夜21時まで受付

日曜・月曜は10:00~16:00まで予約制

キッズスペース・個室施術スペースあり

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事